ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

OKinawa3

 本部エリアに4泊後、南下しながら、史跡や博物館園を潰していく。とりあえず、読谷村の座喜味城跡を目指す。
グスクを攻める前に、グスクに併設されている読谷村の資料館で事前学習。ジュゴン製の蝶形骨器があったな。考古資料の展示は割と物量があり楽しめた。
b0086124_2357537.jpg

この門のクサビが肝。
b0086124_004766.jpg

昼は島やさい食堂てぃーあんだでラフテー定食。ここ数日、豚の摂取量が異常。その後、さらに南下して北中城村の重文中村家住宅へ。
b0086124_014573.jpg

b0086124_0142248.jpg

夕暮れが迫る中、今度は北上して海中道路経由で伊計島の国史跡仲原遺跡を目指す。縄文晩期の集落で、琉球石灰岩を積み上げて外壁を構築した復元・・・。骨器や人骨もでているようだが、遺物はうるま市の資料館かな?残念ながら今回は手が回らず。
b0086124_7585121.jpg

夜は北谷町の米兵御用達ハンバーガーゴーディーズへ。トラディショナルなダブルチーズバーガー。まさに肉って感じの肉。宿泊は、沖縄市のごーやー荘。マスターの三線を聞きながら、心地よい夜風に吹かれていました。こういう宿は連泊しないと意味がないな。沖縄市はコアな感じなので、またの機会に調査したいところ。
[PR]
by nemuro-curator | 2013-02-22 00:24 | その他

OKinawa2

 今回は、今帰仁のペンションに3泊。時期外れで私以外旅行者は無し。
ちょっと歩いた先にビーチがあるが、ビーチに行くには、今泊の伝統的な集落を抜けていく。
今帰仁滞在期間は、本部エリアの博物館園や遺跡を中心にぶらぶら徘徊。山原の方は「やんばる野生生物保護センター」まで。山原東部はまたの機会に。本部町の「そば街道」でソーキそば食いまくり。
b0086124_225498.jpg

b0086124_22543076.jpg

b0086124_2254569.jpg

早起きは三文の得
b0086124_22552114.jpg

b0086124_2255438.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2013-02-12 22:57 | その他

OKinawa1

 もはや閉鎖状態の弊ブログではあるが、twitterが少しでも動いていることが救いか。
 日々諸事多用で、1ヶ月半後には訪れる「来年度」について諸々の思いを巡らせど、某申請は未だ降りてこず。9月に支払われるはずの某資金も未だ降ってこずで、事業のとりまとめにかかっている始末。
 とはいえ、既に多くの方々よりお声掛け頂いており、来年度は例年になく動きのある年となるでせう(特に前半戦)。寒い日も続くので、しばらくは年末に潜伏した沖縄について備忘録も兼ね、upしていこう。

 10月に復活した千歳-那覇を利用。到着後、レンタカー(マーチだったかな)を借りて、高速利用で名護に進軍。
その日は名護泊。しばらくは本部エリアに潜伏する予定だったので、徒然に古宇利島を目指しビーチを歩く。
b0086124_2141554.jpg

古宇利島周辺をうろつき、写真とったりして遊んで今帰仁グスクへ。2時頃に今帰仁グスクの売店で3枚肉そば食って、資料館見て、グスクを攻める。石積みのテクスチャー感と特に海の色、イノーから外海へのグラデーションが素晴らしい。展示見て、遺跡見て、3時間は余裕で潰れる。
b0086124_22115367.jpg

b0086124_2212926.jpg

b0086124_22254245.jpg

この日は、今帰仁村泊。名護のイオンまで戻り、ワインやら惣菜やらを買って、ギリギリオーシャンビューのテラスに出て、波の音を聞きつつ乾杯。日暮れの海っぱたは風が強く、早々に部屋に撤退。
[PR]
by nemuro-curator | 2013-02-07 22:19 | 考古学