ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

史跡見学会

 史跡見学会実施。サンマ祭りと同日に開催という蛮行をしでかしてしまったが、これには訳があり、納沙布岬灯台の内覧会が開かれていたからだ。今年はアダムラクスマンが根室に来航してから220周年であり、金刀比羅神社から根室港を臨み、弁天島の遺跡やラクスマンの根室来航について話す。ここだけで、その気になれば1時間以上は喋れるが、先もあるので適当なとこで引き揚げ。
 ノツカマフチャシ跡やヲンネモトチャシ跡を巡検。今年はかなり草を刈り込んでいるので、遺構面がかなり良く観察できた。納沙布岬灯台では、初めて内部を見学。今年は、納沙布岬灯台点灯から140周年を迎える年でもあることから灯台の歴史についても学ぶ。今回はiPadに絵図や古写真を仕込んでいったため、より多くの資料を紹介することができたのではないかと思う。
b0086124_2353022.jpg

b0086124_23532084.jpg


ところで、遅ればせながらブログパーツにtwitterを組み込んだが、あまり続かないだろうな。
[PR]
by nemuro-curator | 2012-09-17 23:07 | 資料館

自然観察会

 自然観察会を、ノッカマップ灯台周辺で実施。最早、数少ない往年の根室原野の姿を留めている貴重なフィールドの一つである。初秋の草花を観察。エゾリンドウがきれいで、ハマナスも花を残しており、半日かけゆっくりと原野を歩行した。自然担当が本年度定年のため、事実上最後の屋外観察会である。30年間粛々と毎年根室原野での観察会を続け、ここ数十年の植生の変化というのも随分目立つという。植生の定点観測は重要で、引き継いで頂きたい事業である。
b0086124_2116065.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2012-09-15 21:02 | 資料館

電光石火的浜頓

 道北浜頓別で展開されている貝層工作の下働きに。北海道の貝塚とは思えない貝構成に仰天する。いや本当にすごいな。良いものを見せて頂きました。
しかし、昨年行ったときはそう感じなかったが、浜頓から根室は随分遠く感じたな。ほぼ日中ずっと車で走っていたよ。数年前から手伝ってくれている面子も来ており、長期に渡る缶詰的屋外工作本当に御苦労様でございました。
b0086124_20524829.jpg

b0086124_2053853.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2012-09-11 20:57 | 考古学

募集

 どうやら採用がかかっているようです。フィールド的には何をやるにしても不足はない場所と思う。
根室市職員採用情報
[PR]
by nemuro-curator | 2012-09-06 19:48 | 資料館

電光石火的出刈

 さて、調査用務で電光石火的に刈谷市に。夏場は極東から出たくないところであるが・・・。
刈谷駅コンコースに貼られていたポスター。てっきり刈谷市が私の来庁を予見し、歓迎のポスターを作ってくれていたのかと思ったら、違いました(てへぺろ。
しかし有名作家さんの展示のポスターはかなり神経使いそうだな。
b0086124_19401117.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2012-09-06 19:44 | 資料館