ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

飛び石

 世の中は連休であるが、土日は当番につき、前半は飛び石にて候。
週半ばの一日休みは困ったもので、厚く堆積したコピー類や積んどく状態の書籍の
配架、書籍ラックの増設等を行う。雑芸故、諸工作は拡大し、それに伴い参考図書類も増加することは自然である。

昼間の温度も高くなってきた。気温低下で薬剤や工作過程のパフォーマンスの低下を恐れ差し控えていたが、そろそろ剥ぎ取りのパネル張付け、表面コーティングをやらねば。
b0086124_22484264.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2011-04-29 22:39 | 考古学

ネタが・・・

 日々是粛々と諸工作に邁進しているが、これといってネタもなく。
諸事多用で、今冬はオジロ先生の見学に行くこともままならず過ごしてしまった。もったいない・・・。
寒いとはいえ、極東も10度近くまで気温が上がってきた。そろそろ、「館たより」の編集にもかからないといけないな。市民研究者より、2編の玉稿を賜っている。

 怒られるかもしれないが、ちょっと前の新聞記事。仙台平野でも津波堆積物が確認されていたし、福島原発周辺でも津波堆積物は検出されていた。「危ない。危ない」というのは、ある意味最強論陣なわけであるが、いつどのように危ないかというのは、津波堆積物の調査からは概ね明らかになっている。知ってしまったからには、できる限りの普及の機会を探るべき。津波堆積物については、6年前から諸先学に御教示、普及の機会を頂いており、フォーラム2回、公開発掘1回、現地見学会1回、パネル展1回を行っている。
 土圧の関係もあるかもしれないが、ko-c2(1694年)直下の津波堆積物は異常に厚く、戦慄を覚える。
 
b0086124_0145559.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2011-04-27 00:17 | 自然

説明板

 国指定西月ケ岡遺跡の説明板更新。これまで、文字のみであったが、測量図も入れたいと思い、17年前の測量図成果を引っ張りだす。当然、図面のみの成果品のため、デジタルデータはなし。しかも、地権者の名前や土地境界線入りなので、そのままでは・・・。18ha分の地形測量図(50cmピッチ)をデジトレするのか・・・?オートトレースはあまり良くなかったし。等高線を少し間引くか・・・?
b0086124_184893.jpg

古い指定物件なので調査史もまとめる必要も。K本大学K元先生が、アエラムックでフェイバリット・サイトとして挙げていたのを思い出した。
[PR]
by nemuro-curator | 2011-04-10 18:55 | 考古学

御本4

 道センターの西田さんの自分史を拝受。大規模的屋外工作現場を幾つもこなされてきた、モーレツ世代の方々が続々と御勇退されている。わけても、氏は隼人国から広島経由で蝦夷地に移住され、文化行政を担当されているので、その点で日向国、大名古屋経由東蝦夷地の私も氏と似た背景があるのである。
 内容は鹿児島や北海道で自らが携わられた遺跡のことや、学問を通した人間関係の思い出などで構成されていている。非売品ながらこういうような形で、当時の様子を残して頂けると、手探り状態の私のような無学の徒は有難いのである。
b0086124_214816.jpg

 
[PR]
by nemuro-curator | 2011-04-04 20:42 | 考古学

木柱

 市内には凡そ30本の史跡標柱が存在するが、設置より24年が経ち、説明板面の経年劣化が目立つ。
既に、文字が薄れ、どうにもならないものも見られたが、今期、10枚ほどを更新。写真が残っているものは、当時の写真入りに。標柱はやはり、木製が良いようだ。牧草地の一角にあるチャシ跡の標柱はFRPだが、ウシが角を研ぎに来て倒されたものもある。
 地域文化を学ぶ時間などで、こういったものも改めて活用を促進したいところだ。
b0086124_2311042.jpg

b0086124_23121484.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2011-04-01 23:13 | 資料館