ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

御本3

 御本を拝受した。
川上 淳 「近世後期の奥蝦夷地史と日露関係」
近世後期の奥蝦夷地史と日露関係 北海道出版企画センター

 当地の近世の諸相を通史的かつ詳細に描いた、まさに教科書的な内容。18世紀後半はクナシリメナシの戦いにより、アイヌ民族の自律的社会が崩壊し、東蝦夷地の奥にまで和人支配が及ぶようになる。ラクスマン事件やゴロウニン事件などの対露との外交問題。探検により続々明らかになる千島の様相。1つ1つのダイナミックな出来事の因果が解説され、当地の歴史の流れがよくわかる。
b0086124_143921.jpg

 貴重な本をありがとうございました。
[PR]
by nemuro-curator | 2011-02-27 14:03 | 資料館

重なる

 予定が重なるときは重なるのである。ここ数日の+気温にて、先週の降雪は一気融解。極東は冬期といえども日の出が早く、工事現場はかなり早朝から稼働している。夏場では、場合によっては朝5、6時台から稼働していることもあり、立会等はそれに合わせねばならぬ。
 今天も少し早めに出て、トーサムポロ沼で工事立会を行った。その後、NHKの取材協力。トーサムポロ沼のアサリ漁を取材しており、沼の周囲の遺跡も報道したいとの由。結構なことであるということで、昨年の大発掘に伴い、調査区外において発見されたアサリの散布や竪穴を紹介(前日に依頼があったもんで、事後報告ですいません。)。
NHK こんなステキなにっぽんが「氷の下の恵みとともに〜北海道 根室市〜」
3/22(火)BShi 21:30〜21:55
3/24(木)BShi 12:00〜12:25
3/25(金)BShi 9:00〜9:25
3/27(日)BS2  5:30〜5:55
3/28(月)BS2 9:30〜9:55
4/3 (日)BS2 17:30〜17:55
再放送は多いようです。

夕方まで、夜間に開催される学芸員講演会の準備と会場設営。
「湿地の形成と人間のかかわり」:近年行っている、温根沼の詳細分布調査の報告
「国後島の自然」:ビザなし専門家交流の成果報告
 厳冬期の夜七時からの開催ではあるが、今回は50名の方が聴きにみえた。全く感謝に堪えない次第。
[PR]
by nemuro-curator | 2011-02-25 13:15 | 考古学

諸視察

 諸視察に対応すべく、ビューポイントなど一応下見。
普段見慣れている風景も、流氷や降雪があると一変する。

ノッカマップイチャルパ跡
b0086124_2332583.jpg


ヲンネモトチャシ跡
b0086124_23488.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2011-02-22 23:04 | 資料館

流氷

 今年は3年ぶりの流氷だそうだ。
最新の流氷位置

 今天まで休みであったため、久々に日中の太平洋側を臨んだところ、沖合に流氷が見られた。まだ、ユルリ・モユルリ島までは回っていないようだ。釧路まで届くかな?
 観測の機械化などで、根室測候所が廃止されたため、今年からは観光協会事務局が流氷着岸宣言をしたという。同様に、チシマザクラの開花宣言も行うようだ。定点観測は以外ときついので、御苦労が忍ばれる。
b0086124_22302067.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2011-02-15 22:33 | 自然

活用

 福岡市のダイワロイネットホテルのロビーにて。
ホテル建設の際に潰した遺跡の出土遺物を展示していた。自治体のはたらきかけもあるのだろうが、なかなかできることではないな。
b0086124_22432869.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2011-02-13 22:44 | 考古学

石皿

 午前より諸協議3連発。まとまった雪はまだ2回なので、場合によっては所在調査も可能である。近年は、雇用対策促進もあり冬期に行う工事も多く、自然、冬場でも立会や所在調査が入ることがある。
今天の獲物ー石皿ー、石皿は今年度拾うの2点目・・・
b0086124_2322982.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2011-02-04 22:46 | 考古学

御本2

 今天は国土地理院主催的風蓮湖周辺及温根沼地区湖沼湿原調査報告会に大参加。
舟にDGPSを乗せ、広大な温根沼を細かく観測して得られた湖沼図が目を惹いた。近年、温根沼周辺の遺跡の詳細分布調査を行っているので、この種のデータは古環境を知る上で欠かすことができない。
風蓮湖周辺及び温根沼地区湖沼湿原調査

 こうした古環境や動物利用を知る上で、Zoo-Archaeologyは重要であるが、わかりやすく且つボリューミーな書を編著者様より御恵贈頂いた。

事典 人と動物の考古学

吉川弘文館



「事典」とあるように、辞典などの装丁に使われるビニールクロス張りの装丁であり、研究史から各動物種の通史的利用例、あるいは図像等に現れる動物など論点が多岐にわたる。金子浩昌1984『貝塚の獣骨の知識—人と動物とのかかわり (考古学シリーズ (10)』東京美術 以来の一般向けながら網羅された書と思う。
 勉強させて頂きます。ありがとうございました。
[PR]
by nemuro-curator | 2011-02-03 23:25 | 考古学

御本

 編者様より御本を恵贈頂いた。今天は、電話・来客・諸事が多く、中身をあまり見られなかったが、澤井先生のグーグルアースを使った国後島の竪穴群探索報告に目が引かれた。早速、確認してみます。
 まことにありがとうございました。

北東アジアの歴史と文化

北海道大学出版会


北東アジア地域の歴史的動態と諸民族の形成過程を、歴史学のみならず、考古学、人類学、文化人類学、言語学の側面から総括。各分野の第一線で活躍する研究者が、最前線の研究の現状と課題を提示する。北東アジアを学際的視点から総合的に論じる我が国初の研究書。
[PR]
by nemuro-curator | 2011-02-01 21:22 | その他