ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

見学会

b0086124_190094.jpg


b0086124_1902697.jpg


今天は、史跡見学会。参加者は満員御礼。平年よりも気候が穏やかで、道東の10月下旬とは思われない。
チャシ跡などのほか、現在、市内トーサンポロ沼のほとりで稼働中の道センターの屋外工作現場にお邪魔し、遺構の様子や遺物についてご教示を得る。石刃鏃文化からアイヌ期までの文化面が重層しており、かなりの情報量である。撤収前のお忙しい中対応頂き、意義深い見学会になりました。

ヲンネモトチャシの説明板も新しくなりました。
b0086124_191356.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-10-23 18:59 | 資料館

イチャルパ

 9/18は毎年恒例のノツカマップイチャルパに参加。
今年は、二風谷の方々が所用につき参加されず、例年よりも若干参加者が少なかった。
 1789年に和人の非道が発端で、アイヌ民族が現在の国後島や羅臼・標津周辺で戦いを仕掛けたものの、アイヌ首長らの説得もあり、戦いに関わったアイヌ民族37人がここノッカマップで斬首にされた事件である。
例年通り、カムイノミから始まり、イチャルパと滞り無く進んでいく。もう90歳近いエカシは、今年はイスに座って儀式を行った。杖もついていたが、荒く削った木の上端に、小さなクマの彫り物がついており、オホーツク期の儀杖と重なった。
 私の役目は、イチャルパの後、クナシリ・メナシの戦いの解説をするものである。これは、和人の私からは話にくい内容で毎年恐縮している。

ヌサとエカシ。ヌサの向こうはノツカマフ1、2号チャシ跡。国後島の泊や目梨地方を遠望できる。
b0086124_2115336.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-10-11 20:58 | 資料館

部会集会

すっかりサボってしまい、どうしようもない。ひと思いに潰そうかとも思ったが、先月の出来事から順次、開陳してゆくことにする。 

 先月の名古屋大との激しい屋外工作の余韻もそこそこに、釧路市へ学芸職部会研修に9/16-17の日程で参加。今回は少し、毛色が変わり、事前にアンケートをおこなったデータをもとにディスカッション。
 手詰まり感が年々増す中、銭金の問題をさておき、どのように活動していくべきか、各人の仕事術を述べるという。各自治体、いろいろ経緯や事情があるのだが、左前の時期しか知らない私どもは、とにかく様々な機会と出会いを大事にやっていかなければならないなと考えを新たにした次第。
 2日目にエクスカーションは炭坑都市釧路を知るツアー。桂恋フシココタンチャシ近くの海岸に出て、崖面に出ている炭層実見から、国内唯一の炭坑である釧路コールマイン社の見学など大変勉強になりました。
b0086124_18331100.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-10-10 18:33 | 資料館