ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

古文書教室終了

 道立文書館と共催で古文書教室を大開催。定員30名が埋まり、なかなか良し。遠くは帯広や北見から見えた方もおり多謝。
 初心者向けの講座ということで、1講目は文書館からお見えになった講師が、解読のためのルールや異体字や合字等の存在を学び、読みやすそうな例文を数例あげられ、講義を進められた。さすが慣れていらっしゃる。
 2講目は私の担当で、藤野家文書から山丹交易の軽物集荷を出精すべしとの触書の写しを読んだ。クロテンの毛皮を持ち込むなどして山丹交易の仕組みを解説。ちょっと長い文書だったので、後半追いたてられたが、やはり細かいところでミスがでたな。まだ、講座を持つほどではないな。修行すべし。
 この部分は皮の価格や割付枚数などが書いてあって面白いので、ミスの訂正も兼ね翻刻するか。
b0086124_23151658.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-06-27 22:49 | 資料館

貸出

 道内の博物館施設等は企画展や特別展の開催を控えているところが多い。
今年度は我が社でも3件ほど貸出し対応をしている。関係展示は以下の通り。オープン前のもあるので各施設のwebから拾ってきた。

稚内市北方記念館(6/20〜10/18)
間宮林蔵による間宮海峡発見200周年にかけて、多数のイベントが予定されている。
我が社からは樺太日露国境標石が出品。樺太から引き揚げてきた方も多数住んでおられるだろうから、様々な思いがあろうと思う。
b0086124_0162764.jpg

北海道開拓記念館(7/3〜10/4)
マンモスゾウやナウマンゾウの化石をテーマにしたもの。
我が社からは羅臼沖で引き揚げられたマンモス臼歯を出品。

北海道北方民族博物館(7/18〜10/18)
第24回特別展 千島列島に生きる:アイヌと日露・交流の記憶
ラッコほかはく製、北洋漁業関係資料出品

結構ロングランだが、根室にある資料を多くの人に見てもらう良い機会だと思う。
[PR]
by nemuro-curator | 2009-06-24 23:56 | 資料館

浮遊式

 納沙布へラッコ探索。もはや当たり前のように「いる」状況で、観光客も数組眺めていた。
今天はやや沖合いで浮遊している。ほぼ2頭常駐しているようであり、1頭は白っぽいやつでかなり老齢の個体と目されているもの。
しかし、常駐する例はこれまでなかったようだが、歯舞群島周辺でだいぶ増えているのかもしれないな。

b0086124_2241036.jpg

b0086124_22411912.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-06-20 22:41 | 自然

塹壕

 簡易測量を予定している塹壕の下見。国の官庁が管轄するところなので、担当官をご案内し、作業工程などの説明。トーチカなど盛んに分布調査が行われてきたが、こうした塹壕もよく見ると残っており、トータルで検討しなければならない。それ以前に、とりあえずのリストアップと可視化が急がれるワケだが。

 本日、久々の晴れだが、夕方になると気温が10度切ってしまう。体感的には4月くらいなのだが、恐ろしいことにもう6月の半ば過ぎなのだ。
b0086124_1275699.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-06-18 01:19 | 考古学

ロシア人御一行

 先日は国後島よりロシア人御一行が来館。今年のビザなし第一波である。
竪穴やクマ、古いストーブの話で盛り上がる。竪穴の探索にはgoogle earthを使えばいいではないかなど、正鵠を射たアドバイスを頂く。
b0086124_115418.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-06-17 21:49 | 資料館

撤去

 一昨日で「らっこ展」終了につき、今天、出していた資料を撤去。もともと釧路川のラッコ「クーちゃん」が大変話題になっていたので、乗っかったワケだが、その後、ラッコが納沙布岬に移動してきたことから、電話取材などもたいへん多く近来まれに見る状況であった。

 私もラッコの生態や出土状況、ラッコ意匠製品、近世〜近代のラッコ猟とそれにかかるロシアや開拓使と根室の関わりなどを再確認する機会になった。ラッコに感謝である。
先日来から納沙布に行っていないが、まだ3頭ほどいる模様である。

納沙布岬のクーちゃん
 市観光協会がひっそりとブログを始めたようだ。あまりヒット数も多くないが、かなり取材も力を入れており、一昨日も我が社に取材に来られた。良いことなのでしっかりやり給へ。
[PR]
by nemuro-curator | 2009-06-16 22:30 | その他

古文書教室

下記の要領で古文書教室を大開催。

開催日程 6月27日(土) 10:00~15:00     
○ 内容 
  1講目 10:00~12:00 「はじめての文書」
       石川  淳(北海道立文書館)
  2講目 13:00~15:00 「藤野家文書から見る幕末の根室」
       猪熊樹人(根室市歴史と自然の資料館)
○ 会場
 根室市総合文化会館第2講座室(根室市曙町1丁目40)
○ 定員
   30名
○ 申込方法
   根室市歴史と自然の資料館に電話でお申し込みください。 TEL(0153)25-3661
○ 申込期間
   6月9日~6月26日 
b0086124_19431458.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-06-06 19:45

外作業

試掘日につき、ひざびざに屋外でスコップをふるう。
いまだ、日中でも10度ちょっとなので、寒いかなと思ったが
あまりそのようなことはなく・・。
b0086124_19543078.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-06-03 19:48 | 考古学

納沙布岬のラッコ

 釧路川にいたラッコの「くぅちゃん」は今月初旬に釧路川を去り、納沙布岬に滞留していた。その後、別海町尾岱沼に移動していたが、最近、また納沙布岬に帰ってきたらしい。
 熱烈なキャメラマンたちが午前3時くらいから詰めているようだ。今天は非番につき、ちょっくら様子見に。
生憎昼寝中で、小一時間くらいいたが、毛皮の塊みたいなのが呼吸しているようにしかみえなかった。
 しかしキャメラマンが添い寝しても、逃げる様子もない。危害を加えられる心配は無いとわかっているからか。
睡眠はいうまでもなく重要なので、こうしたキャメラマンが余計なストレスにならなければ良いがね。
b0086124_23251178.jpg

b0086124_23254871.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-06-01 23:27 | 自然