ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ワシタカ

 ワシタカ類を見に川口へ。別当賀川河口部であるが、竪穴群が
高密度で分布する。安政3年に佐倉藩士がこの地を踏査した際は、
アイヌ民族のワシ猟の猟場として紹介され、ワシ猟の様子が記述
されている。
 そういうこともあり、冬に訪れたいと考えていたところ。

ここでは氷下待ち網漁もやっていて、かつ森林も残っているので、
多くの鳥が集まっていた。が、ほとんどカラスとトビ・・・。
b0086124_162291.jpg


どうにか目当てのものもフレームに入れられたが、もう少し近くでみたいもの。
b0086124_174180.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-01-26 00:55 | 自然

道博協ホームページ

待望の?北海道博物館協会のHPができました。
稚内北星学園大で学生コンペを行ったもの。

北海道博物館協会

道博協の部門会としてある学芸職部会が中心になって運営されている。
こちらも新規会員熱烈大募集中です。
事業:学芸職員部会研修会・総会
    部会ニュースの発行
会費:1000円(年額)
問い合わせ
北海道博物館協会学芸職員部会事務局
058-0203
北海道幌泉郡えりも町新浜 えりも町郷土資料館内
電話:01466-2-2410  Fax:01466-2-2410
[PR]
by nemuro-curator | 2009-01-24 23:34 | 資料館

ワモンアザラシ

ワモンアザラシが根室港で保護されたそうです。
ワモンアザラシ 丸々と太り愛嬌たっぷり 釧路市動物園

この前日も陸にいるところを保護されたらしいが、戻れなかったのかな。
離島のユルリ島でゼニガタアザラシを見たことがあるが、陸ではみたこと
がないです。
[PR]
by nemuro-curator | 2009-01-23 23:39 | 自然

ラッコ帰庁

 年末から我が社自慢のチシマラッコが、出張中の新ひだか町から帰庁。
先日は久々に納沙布岬でラッコが見られたようだ。
道東アイヌの交易資源や露米会社の千島進出、さかのぼって、釧路では続縄文の貝塚で比較的まとまったラッコ遺存体がみられるなど、道東・千島とラッコの関わりは深い。
こんな法も生きているようですが・・・。
臘虎膃肭獣猟獲取締法

さらに雑誌EastSideの取材対応。道東に住む人々の今を伝えるなかなか面白い雑誌です。
[PR]
by nemuro-curator | 2009-01-20 23:12 | 資料館

講演会

 本日は19:00から市民大学講演会。市内在住の北構先生の講演である。昨年90歳になられ、小学校4年生の時に、当時町中にいた数人の考古資料蒐集家の影響で考古学の世界に足を踏み入れたというから、実に80年ものキャリアがある。
 戦前の北方考古を支えた研究者との交流など、昨今なかなか聞けない内容である。まさに存在自体が学史みたいな感じである。
 身近に遺跡が多く、千島列島への玄関口であったので、多くの研究者が根室に集まったこともあり、戦前から根室の考古学・人類学は不思議な土壌が形成されていたようだ。

b0086124_0214165.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-01-16 00:23 | 考古学

ヒグマ出張

2000年に 温根沼で溺死したヒグマ(3)が斜里町に出張。
低地部はそうでもないようだが、やはり根北峠が圧雪・アイス
バーンだったらしい。とはいえ、無事、任務地についたようである。
寒い中、本当にご苦労さまです・・。

特別展「知床の動物たちにひそむ危険と対処−自然を楽しむために−」

知床には、人間にとって危険な性質を秘めている動物も生息しています。しかしその危険は、正しい知識と適切な対策で、多くの場合避けられるのです。「ヒグマと出会わないためにできることは?」「スズメバチに刺されないためには?」「エキノコックスにかからないためには?」そんな疑問にお答えする内容です。その他に、ダニやヘビ、クモなど、野外で注意の必要な動物たちも紹介します。知床の自然にもっと親しむために、この特別展をぜひご覧ください。
第30回特別展「知床の動物たちにひそむ危険と対処」

日時2009年1月24日(土)--3月18日(水)
場所交流記念館ホール・映像展示室(ヒグマ教育ビデオを上映)
費用通常の入館料でご覧いただけます
斜里町立知床博物館
b0086124_23112937.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-01-15 23:12 | 資料館

初投稿

すっかり投稿をさぼってしまった。
年末は、大岐阜で当地の場所請負人であった武川家の
寄託資料が一同に開陳されているので、種々の工作事業
と絡め、東海へ。
『武川久兵衛展−飛騨屋四代に渡る蝦夷軌跡』

担当鑑の方に1つ1つ懇切に説明を受けながら、観覧することが
できた。まとまった量を見る機会が少ないので、大変良い機会で
あった。概要は道立文書館報「赤れんが」44号に掲載。

補○など幾つか未確定のものがあり、なかなか全てが確定しない
が、今年も何でもいろいろやれれば良いかなと・・。
b0086124_0282443.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-01-09 00:28 | その他