ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

カテゴリ:その他( 50 )

牧草ロール

いわゆる一番草の刈り取りも終了し、草地には牧草ロールが置かれている。現代のサイロというところか。草を刈り丸める機械、ラップを巻く機械と連携しロールを形成していくがすごい発明だなと。草地関係の協議も今年は一ヶ所のみなので、広い面積を右往左往する必要はない。
b0086124_22461972.jpg

 さて、市内ではねむロールなるロールケーキの競作が行われている。近年は、ふわふわ系のスポンジケーキのレイヤーを1層しか形成しないロールケーキがもてはやされ、挙句の果てには、スプーンでこれを食するよう推奨している商品が出ているようだが、一部のねむロールを食したところ、比較的固めのスポンジで2層ほど(中心部など場合によれば3層)のレイヤーを形成している、正しいロールケーキだった。

 こちらのシマエビも解禁にて候。
b0086124_22452195.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-07-06 22:47 | その他

New M a c

 4年間あまりほぼ毎日、10時間は使い続けてきたMacBook Pro15inchが死亡。あまりの急な出来事であるが、しょうがない・・・。
 確か、ハードドライブは2回、バックライトパネル交換1回と修理も多かったが、展示のパネルや雑文の図版、小冊子、プレゼンスライド等幾つ作っただろうか・・・。
 MacBook Air新型が出れば・・と思ったが、出る気配もない上、諸工作に遅滞は許されない状況からPro13inch 梅モデルを導入。しかし、SSD128GB+USキーのBTO、iWorkプリインストールモデル。Enterキーが小さいので、ややミスタッチが多いが慣れるかな。キーパッドのタッチ感が大分変わっているので、デジトレの際、どのようになるか・・・。ディスプレイの写りがやや気になるが、動きはさすがに良い。
b0086124_22164516.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-06-07 22:18 | その他

長靴

 あろうことか、五月の半ばであるが気温が一ケタ台を推移しており非常に寒い。明日の最高は4度らしいorz.
さて、昨秋4年半ほど履いた長靴のカカトが破損し、次の長靴を模索していたが、本格的なシーズンを前にそろそろ決めなくてはならない。
 前に使用していたバーバリアン、足が入るかわからないがフレンチ系エーグル、古典的名品アングラーズハウス、英国王室御用達HUNTERなどが候補に挙げられている。結局、英国王室御用達HUNTERの新作、BALMORAL BAMBOO CARBONをチョイス。しかし、まともに買うと国内では30kを超えるので、ukのサイトから個人輸入で購入。わずか1週間ほどで、遥か大英帝国から極東に空輸されてきた。折からのポンド安の恩恵で、国内価格の半額以下で買えました。バーバリアンよりも、履き心地は柔らかく、フィットも良く、足がついてくる感じ。5年は持って欲しいな・・。

BALMORAL BAMBOO CARBON
バルモラル・バンブーカーボンはクラシックが誇る、フィッティングと仕上げ、拍車に防水マチといった特色を受け継ぎながら、更にバンブーカーボン・ライニングやクションインソールなどの快適な装備が施されたモデルです。ブーツ・ライニングとして使用される素材は、季節の気温変動に順応し、足から出る水分を逃がす効果もあります。また、ライニング表面の炭素繊維部は不快な臭いを吸収し、ブーツ内の足蒸れなどを緩和します。インソールのセットが標準で付属。 PHYLON素材の軽量一体成型のアウトソールを採用。

b0086124_22404795.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-05-12 22:42 | その他

まだ寒い

 年度早々乍ら種々の案件が堆積しているが、段取りが全てである。極東は降雪こそ免れており、少しづつではあるが気温もあがりつつある。どうもいつまでも寒いので、2ヶ月くらい感覚が遡っているが、時間は経過してるワケで・・・。
 どうもならんので写真は在庫から・・。偉大な巨石的世界遺産であるが、site内に説明板は1つもなく、代わりにハンディな音声ガイドを聞きながら回る。音声ガイドは入場料に含まれており、各国の言語がカバーされている。日本ではこの手のものは大体+500円で有料。しかし、遺跡の真正性ということで、こんなのと比べられてもな・・・。

b0086124_23182262.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-04-15 23:21 | その他

荒天

 昼過ぎから予報通り、ブリザード気味になってきた。ここのところ一冬に2回くらいは、こうした超級低気圧に伴うドカ雪に見舞われているので、明日朝が恐ろしいところ。さて、午前は不意に富良野からご来客。著作は何度も読んだことがあったが、実物にお会いするのは初めてである。ちゃんと帰れただろうか・・・。
 ほぼ終日、デジトレに専念し図版製造・・・。使用マシンは初代MacBook Proだが、保存速度など随分パフォーマンスが下がってきていることを実感。トラックパッドの調子も悪いし・・・。

 登録中の根室のある郷土史研究者が旧蔵していた書籍。戦前の本屋もまともにない(今もだが)場所に住んでいながら、こうしたものを入手するには苦労があっただろう。彼らの学問にかける並々ならぬ情熱に驚嘆を禁じ得ない。今じゃamazonで頼めば、3日後には極東にも学術書が配達されるわけである。

b0086124_23325295.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-03-10 23:34 | その他

標津線展

 先日、中標津空港へ。少し早めに出て、中標津郷土館で思い出の標津線展を観覧。かなり、様々な資料が残っていて驚く。支線は根室市の厚床まで来ていたようだが、根室には関係資料はほとんど残っていない。Nゲージなど可動する展示もあり、なかなか楽しめる。町内の軌道など鉄道路線をプロットした地図が興味深く、かなりの数の路線があったことを知る。
 そういや、学部生の時、明治時代の市電車庫の発掘に参加したことがあった。弥生の環濠集落の発掘と聞いていたが、車庫にほとんど壊されてて、コンクリート製の整備ピットの実測をやらされブースカ言ったり、現説にきていた鉄道マニアのにいちゃんが遺物を持ち去ろうとするなど、何かとトラブルが多かった。前例が汐留くらいしか例がなかったので、どうやって記録していくか、結構考えながらやらされた記憶があり、今にして思えば大事なことだったなと。
b0086124_0255458.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-03-08 23:35 | その他

大札幌

 諸ミーティングのため、しばらく大札幌へ。しばらく来ないうちに随分、モツ鍋を取り扱う店が増えた印象である。数日の滞在であったが、雑芸だけあって実に様々な分野の方々とお会いした。
幾つかでも来年度の事業に結びつけばと思う。
 しかし、大札幌は我が極東とはまた異質の寒さである。

国境標石の展示@北大も大盛況を呈しているようです。ラッコのはく製はホッキガイを持たせてもらっていました。
それはそうと、納沙布にはラッコが大挙して来ているようです。納沙布岬の手前の珸瑤瑁(読んでみよ!)でも別に2頭目撃されているので、8頭ほどが近海を浮遊していることになる。恐ろしい。
b0086124_1194164.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-02-05 18:13 | その他

長靴考

ここのところの激しい屋外工作の影響か、5年近く履き続けてきたラバーブーツのカカトがバックリ割れてしまった。ロクに手入れしなかったからかなと思ったが、破損部分のラバーが伸びてすごく薄くなっていた。カカトも減りまくっていたので、かなり使い倒したと言って良いだろう。
 これまで使用していたバーバリアンチーフテンはジャパンメイドのラバーブーツで、堅牢かつ歩行性に優れ、フィールドワーカーに定評があったが、職人の高齢化や原材料の高騰などから生産拠点が中国に移るとのこと。 
 よって、現在は全く品薄で、ネットショップなど悉く売り切れだ。長靴はもはや必需品なので次はどうしよう・・。HUNTERかAIGLEか中華製バーバリアンチーフテンにするか。

バーバリアン チーフテンのラバーブーツ
b0086124_22535184.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-12-06 22:54 | その他

網走へ

 網走市に所在する道立北方民族博物館に。
千島関係の特別展を実施中である。当社からもエカテリーナ号絵図を始め、戦前の千島や北方四島の写真、はく製類などを使って頂いており、盛況の一助となっていることはありがたいことである。
千島関係の資料はいろいろなところにいろいろなものがあるので、解説頂きながら熟覧した。諸事のため、終盤になっての見学となったが、 たいへん見応えのあるものでした。
b0086124_23144635.jpg

帰りは裏摩周経由、養老牛藤や旅館の露天風呂に沈没して帰着。
すでに紅葉が良い感じになっており、なかなか・・・。
[PR]
by nemuro-curator | 2009-10-12 23:17 | その他

サンマをもらう

 昨日サンマのお裾分けをもらった。なかなかの良型で、即刻3匹全て刺身の刑に処してやったところだ。
美味しいサンマの刺身の作り方
 九州、本州にいた頃はサンマを刺身で食うことなどは考えもつかなかったが、やはり新鮮じゃないとダメ。冷蔵技術や運輸ネットワークの迅速化で、刺身にできるサンマを売り出しているところもあるので、是非一度根室のサンマを取り寄せてみると良いだろう。
 今天は花咲カニも夜の売れ残りが1匹250円で投げ売りされていたが、身が良く入りなかなかおいしかった。
味覚宣言都市というだけあり、これから本領発揮だ。
3日間にわたる北海道3大祭りの1つ、根室金刀比羅神社例大祭も最終日。野師の方々も撤収し、移動だ。次はどこに向かうのだらうか・・・。
b0086124_23201396.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-08-11 23:24 | その他