ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

カテゴリ:自然( 40 )

ラッコその後

納沙布に滞留中の「くぅちゃん」だが、もう1頭ラッコが現れたということで、大騒ぎのようである。早急に確認に行きたいところであるが、今天は当番につき、明日の休日に持ち越しだ。
ネムトピで詳しくレポされています。
納沙布岬で ラッコのふれあい!
珸瑤瑁から納沙布岬に移動したっぽいですね。仲間が迎えにきたのかな。
[PR]
by nemuro-curator | 2009-05-17 23:08 | 自然

くうちゃん?

連休中、洋行を試みているスキに、釧路川からラッコが忽然と姿を消したという。
そして昨天、根室市は珸瑤瑁の船着き場に上陸している様子が確認された。きわめて人慣れしているようで、釧路川にもラッコが出現しないことや、数日前に隣町の浜中町で目撃されていることから、「どう考えてもくうちゃんですね、本当にありがとうござました」ってことで、朝からマスコミ各社から多くの照会が寄せられる。
b0086124_22263497.jpg

b0086124_2227543.jpg


夕方からは市商工会議所で「ラッコの生態とラッコ猟の歴史」に関する講演。
何とタイムリーなことかと聴衆からは賞賛を得たが、90分の講演時間におおいに消耗せり。
[PR]
by nemuro-curator | 2009-05-15 22:35 | 自然

ラッコ式

釧公大に文献の渉猟にゆく。非常にきれいな図書館で使いやすい。
帰りにかねてから懸案であった、釧路川のラッコの探索に向かう。
今天は15時過ぎくらいからお出ましになったようで、ちょうどよかった。
非常に動きが早く、また30分程度でどこぞに消えたので、あんまり良い
写真が撮れなかった。
しかし、チシマラッコを間近で拝めるとはね。
b0086124_2194589.jpg


ラッコ式の菓子パンや御姿を納めたDVDや記念切手が発売されるなど、
釧路地方では社会現象を呈している。
オホーツク期では、およそラッコの現生分布とは異なる地域でラッコ意匠の骨角器
が数例知られる。
オホーツク人も珍しい動物が現れたのを見て、一種のフィーバーで作ったかもしれんね
などと一瞬思いましたね。

b0086124_21381181.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-03-16 21:25 | 自然

訪問

 近くの小学校より通報が入り、校庭にワシが来ていると・・・。
カラスもいて、何か赤いものを食べてるふうだったので、動物の
死体でもあったのだろう。
b0086124_09188.jpg


この件とは全く関係ないが、先日、市内で轢かれたオジロワシの近くには
エサが撒いてあったそうな。
エサも道路の近くに撒かれてあったため、車と接触したと思われるが、
因果関係については断定できない。自然は自然の中にあってこそという
ことをゆめゆめ忘るるべからずである。
[PR]
by nemuro-curator | 2009-03-13 23:17 | 自然

ラムサールマーク

道の駅スワン44に建てられているラムサールマーク。
国際統一のロゴかと思ってたら、北海道ラムサールネットワークに
よるものらしい。

ラムサール登録湿地を示す共通サインの推進
ラムサール条約登録湿地を示す共通マークが生まれました。
北海道ラムサールネットワークでは、このマークを使った共通サインが
全道のラムサール登録湿地に見られるよう普及を図っていきます。
道内12箇所のラムサール登録湿地にたくさんの人々が関心を寄せ、
訪れてくださるように。

 冬場の風景とロゴの色合いが合っており、なかなか良い。
b0086124_23392296.jpg

ハクチョウもまだまだいます。
b0086124_2340239.jpg

風蓮湖の沿岸も遺跡がびっしりなので、風蓮湖の通史的利用も検討課題なわけで・・、
[PR]
by nemuro-curator | 2009-03-10 23:56 | 自然

半島一周

 久々に半島一周。納沙布方面は9月に民博の御一行を案内して以来か。
冬はさすがに人気が無く、まだ除雪も入っていない模様。
この時期は比較的、クリアなので歯舞群島をよく望める。

水晶島と中間ライン付近を通過する海保巡視船
b0086124_23584184.jpg


タンチョウの若鳥がいたが、戻ってくるのがちょっと早くないか?
国後島や歯舞群島に行く個体だろうか??
b0086124_014012.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-02-23 00:03 | 自然

オオワシ

週末はバードランドフェス始め、種々のイベントがあったが、
当番につき、終日缶詰となる。ここのところは、デジトレなど
電脳土工と化し、粛々とパスを切る毎日である。
 今天は定休日につき、別当賀川口へ。
先日も同所に行ったが、オオワシがあまり見られなかった。
今天はやや沖合にざっと数えて約30羽ほどが固まっていた。
b0086124_23303181.jpg

昨年の過酷な屋外工作でリチョーのGX8が絶命したこともあり、
鳥用も想定してズーム機が欲しくなりパナ製FZ28を導入したところである。
オオワシは今、生息数5〜6000羽くらい?1月30日現在で風蓮湖に571羽が確認されているので、1/10が根室市近辺に集結しているわけである。

川口は魚類・鳥類などバイオマスが高いせいか竪穴も多い。
雪が少ないので、トレッキングシューズで普通に歩けます。
b0086124_23481976.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-02-09 23:52 | 自然

日々氷点下

 ここ数日、日中でも氷点下。加えて風もスゴす・・・。
しかし、遅れていた風蓮湖の結氷も促進され、コマイ漁
もできるでしょう。タラ漁も、暖かくて波がたっていたため、
なかなかできなかったそうで、例年よりも値段が少し高いような。
しばれて、晴れれば漁ができるそうなので、冬は冬らしくということか・・・。

今週末はねむろバードランドフェスが大開催。
Mark Brazil氏の講演はじめ、様々な催しが予定される。
我が社からは、コウモリほか鳥類剥製がご出張。

Birds of East Asia (Helm Field Guides)

Mark Brazil / Christopher Helm Publishers Ltd


[PR]
by nemuro-curator | 2009-02-02 21:27 | 自然

ワシタカ

 ワシタカ類を見に川口へ。別当賀川河口部であるが、竪穴群が
高密度で分布する。安政3年に佐倉藩士がこの地を踏査した際は、
アイヌ民族のワシ猟の猟場として紹介され、ワシ猟の様子が記述
されている。
 そういうこともあり、冬に訪れたいと考えていたところ。

ここでは氷下待ち網漁もやっていて、かつ森林も残っているので、
多くの鳥が集まっていた。が、ほとんどカラスとトビ・・・。
b0086124_162291.jpg


どうにか目当てのものもフレームに入れられたが、もう少し近くでみたいもの。
b0086124_174180.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-01-26 00:55 | 自然

ワモンアザラシ

ワモンアザラシが根室港で保護されたそうです。
ワモンアザラシ 丸々と太り愛嬌たっぷり 釧路市動物園

この前日も陸にいるところを保護されたらしいが、戻れなかったのかな。
離島のユルリ島でゼニガタアザラシを見たことがあるが、陸ではみたこと
がないです。
[PR]
by nemuro-curator | 2009-01-23 23:39 | 自然