ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

どうぶつこうこ2

 私の発表の出番は2番目ですが、ここ数年は特に発表の練習もせず、ぶっつけ本番のアドリブである。
持ち時間15〜18分くらいなので、スライドの枚数でおおまかに判断しているが。

 皆さんは当然の如く、複雑怪奇な窓式パワポで難なくプレゼン活動をされるが、当方は林檎式keynoteを使用している(本研究会は寛容にも、林檎式での発表も認められているが、研究会によっては締め出しを食らう事例も散見される)。近年の林檎式筆記本電脳のディスプレイ性能が良すぎなせいか、ディスプレイ上とプロジェクタ上の画像の明度などが乖離しているケースが多いため、今回も発表前に写真の明るさ調整を余儀なくされる。

 しかし、久方ぶりに研究会会場でもある母校に行ってみると、図書館にスタバが併設されていたり、校内に深夜まで営業しているファミマや珈琲所やバーみたいなものが開店しており、驚かせられた。これも独法化のなせる技かと感心したものである。
[PR]
by nemuro-curator | 2010-11-23 22:45 | 考古学
<< 講演会開催 どうぶつこうこ >>