ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

イチャルパ

 9/18は毎年恒例のノツカマップイチャルパに参加。
今年は、二風谷の方々が所用につき参加されず、例年よりも若干参加者が少なかった。
 1789年に和人の非道が発端で、アイヌ民族が現在の国後島や羅臼・標津周辺で戦いを仕掛けたものの、アイヌ首長らの説得もあり、戦いに関わったアイヌ民族37人がここノッカマップで斬首にされた事件である。
例年通り、カムイノミから始まり、イチャルパと滞り無く進んでいく。もう90歳近いエカシは、今年はイスに座って儀式を行った。杖もついていたが、荒く削った木の上端に、小さなクマの彫り物がついており、オホーツク期の儀杖と重なった。
 私の役目は、イチャルパの後、クナシリ・メナシの戦いの解説をするものである。これは、和人の私からは話にくい内容で毎年恐縮している。

ヌサとエカシ。ヌサの向こうはノツカマフ1、2号チャシ跡。国後島の泊や目梨地方を遠望できる。
b0086124_2115336.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2010-10-11 20:58 | 資料館
<< 見学会 部会集会 >>