ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

改悪?

不勉強ながら最近知ったのだが・・・。
地方分権改革推進委員会「第3次勧告 〜自治立法権の拡大による「地方政府」の実現へ〜」において博物館法12条、21条で見直しの提言がなされ、各方面から見直しを再考するよう要望書が出ていますね。下線部を廃止または条例委任とするもの・・・。

(登録要件の審査)
第十二条  都道府県の教育委員会は、前条の規定による登録の申請があつた場合においては、当該申請に係る博物館が左に掲げる要件を備えているかどうかを審査し、備えていると認めたときは、同条第一項各号に掲げる事項及び登録の年月日を博物館登録原簿に登録するとともに登録した旨を当該登録申請者に通知し、備えていないと認めたときは、登録しない旨をその理由を附記した書面で当該登録申請者に通知しなければならない。
一  第二条第一項に規定する目的を達成するために必要な博物館資料があること。
二  第二条第一項に規定する目的を達成するために必要な学芸員その他の職員を有すること。
三  第二条第一項に規定する目的を達成するために必要な建物及び土地があること。
四  一年を通じて百五十日以上開館すること。


 しかし、総則でこと細かく博物館資料などの定義をしている割には、「あっ、でも無くたって別にいいスよ」的な感じで非常にバランスが悪い。web博物館とかエア博物館とか色々想定できて面白いけど、現行施設との在り方と余りにも乖離していてちょっと拙速のような気がしますよ。
 すでに北海道では、博物館の登録事務は希望する市町村に権限委譲されているし、条例委任にしても判断を迫るようなことでは困るんじゃないかな(もっとも、そう頻繁にある事務とは思えないが、登録博物館がない自治体や学芸員すらいない自治体にも委譲されているし)。
[PR]
by nemuro-curator | 2010-01-19 21:45 | 資料館
<< 大札幌 木浦へ >>