ブログトップ

ねむろHistory&Nature Blog

curator.exblog.jp

泊山冠雪

 屋外工作活動を継続していたが、ようやく埋め戻し。昨天は気温3℃風速15mの中(遺跡から近い国道の電光掲示板による)、平面図をとっていたら、足先がマヒしてしまった。本日は4℃であったが、ほぼ無風だったので快適であった。もっとも、作業着シャツの上にフリースをかぶり、ゴアテックスのジャケットを着て、さらにその上に古着のワックスジャケットを羽織った。下も作業ズボンにオーバーパンツを履くという、これ以上にない仕様である。
 標高12mの崖際の遺跡なので海風が強く、凍上により、包含層がどんどん崩落している。しかし、30mほど内陸の森の中に入ると、台風の日でもほとんど風が来ないポイントも発見した。その周辺にも竪穴が固まっている。悪天候の日に遺跡に立つというのもこれまた勉強である。

冠雪が報じられた。対岸の国後島泊山。

b0086124_23575410.jpg

[PR]
by nemuro-curator | 2009-11-14 00:00 | 自然
<< 試掘DAY オホーツクの古代史 >>